職業別で借入先を選ぶ

 

当サイトを閲覧なさっている方の職業は様々かと思われます。

 

一般的にいう正社員やアルバイトの非正規労働、派遣社員などといった方もいらっしゃるでしょう。

 

他にもパートをしている主婦の方やパートをしていない専業主婦、学生(大学生、短大生、専門学校生)、自営業者など様々な職業の方がいらっしゃるかと思われます。

 

実はカードローン審査では「職業」も一つの審査基準となっているのです。

 

昔は「正社員じゃないと利用できない」なんて時代もあってのですが、受け入れの幅は広がり、正社員以外の職業の方もカードローンを利用できるようになってきました。

 

ただ、職業によって審査に通過しやすい、しにくいというのは多少はありますので、ご自身に適した申し込み先を選ぶことをお勧めします。

 

さて、一般的にカードローンを提供している金融機関としては消費者金融・銀行・信用金庫・労働金庫などが’挙げられます。

 

このうち、信用金庫・労働金庫というのは昔から審査基準が厳しく、正社員じゃないと審査通過ができないなんていわれてきました。

 

今でもそういった傾向は残っていますので、正社員以外の方にはあまりお勧めできません。

 

一方、消費者金融は昔からアルバイトなどといった職種の方でも利用しやすいといわれてきました。

 

実際に、消費者金融は利用条件である「安定した収入の確保」ができていれば審査通過が見込めるため、正社員以外の方も審査に審査基準を満たしやすいのです。

 

とはいえ、審査自体は厳しいので、しっかりと利用条件は満たしておく必要があります。

 

残るは銀行ですが、銀行カードローンも消費者金融と同じく正社員以外の方の利用を認めております。

 

認めてはいますが、審査基準が厳しくなりがちと言われているのも事実です。

 

実際、銀行は融資額が高めなので、その分審査基準が厳しくなってしまうのです。

 

このように、職業はいまだに審査に影響を与えております。

 

そこで、当カテゴリーでは職業別の借り入れ申し込み先の選び方などに関する解説記事を記載しますので、ぜひご参考にしてください。