横浜銀行カードローン利用を検討している方に申し上げなければいけないことがあります。

 

横浜銀行カードローンの審査の在籍確認は会社への電話連絡です。

 

横浜銀行カードローンの在籍確認は会社への電話連絡なし、ではありません。

 

もし、審査の在籍確認や本人確認で会社バレ、家族バレを気にしているなら、モビットがお勧めです。

 

モビットなら誰にもバレずにお金を借りることが可能ですよ。

 

モビットにはWEB完結申込みという申込みサービスがあり、こちらは審査において会社と自宅への電話連絡なし、郵送物なしとなります。

 

実は、会社と自宅への電話連絡なし、郵送物なしで、

 

確実に誰にもバレずにお金を借りることができるのでは、モビットのWEB完結申込みだけなんです。
消費者金融モビットのサービス内容については、当サイトの消費者金融ランキングで確認できますし、更に詳しくモビットを知りたい人は、↓に貼られたモビットのリンクから公式ホームページに飛ぶことも可能ですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

即日融資のオススメ消費者金融ランキング

1位 即日融資と無利息キャッシングが強みのプロミス

200*200

 

プロミスの強み
○消費者金融の中では高水準の低金利 4.5〜17.8%
○メアド登録、WEB明細利用、初回に限り30日間の無利息キャッシング!
○女性向けの専用ダイヤルもあり、女性も安心して利用できます
○最短の場合、即日融資を受けることも可能です
※ 即日融資は申込の曜日や時間帯によっては翌日以降の取扱いになる可能性があります。

 

プロミスの詳細はこちら

2位 即日融資とWEB完結申込みの利便性が高いモビット

お二人 200x200

 

モビットはWEB完結申込みを利用することで『会社と自宅への電話連絡無し』、『郵送物なし』にすることができます。
誰にも内緒で、会社にも秘密で、お金を借りたいのならモビットの消費者金融ローンがおすすめです!

 

モビットの強み
○金利は4.8〜18.0%! 消費者金融の中でもトップレベルの下限金利!
○WEB完結申込みを利用すると、契約のための郵送物や電話連絡がないので、会社と家族にお金を借りたことを知られる心配がない
○即日融資にも対応
○会員専用サービス「Myモビ」が便利で、振込や照会をネットからできる
※ 即日融資は申込の曜日や時間帯によっては翌日以降の取扱いになる可能性があります。

 

モビットの詳細はこちら

3位 即日融資と金利ゼロ期間のアコム

アコム

 

アコムの強み
○金利4.7〜18.0%で、モビット同様に下限金利は消費者金融でもトップレベル! 初回限定で最大30日間金利ゼロなので使い方によっては銀行よりもオススメ
○金利よりもスピード重視。即日融資の可能性が高い
○フリーターやアルバイトなど安定して収入を得ている人ならば利用できる可能性がある
○楽天銀行に口座があればいつでも24時間振込可能
※ 即日融資は申込の曜日や時間帯によっては翌日以降の取扱いになる可能性があります。

 

アコムの詳細はこちら

?横浜銀行カードローンの審査と在籍確認について詳しく教えてください!【徹底解説】

さて、あらためて、はまぎんの愛称でもお馴染みの横浜銀行のカードローンについて解説しますね。

 

横浜銀行といえば、神奈川県横浜市西区に本店がある日本最大の地方銀行ですので、横浜銀行の口座をお持ちの方も多いでしょう。

 

そんな口コミも多い横浜銀行ですが、最短即日利用を低金利を謳っている反面、やはり、

 

横浜銀行カードローンの審査は非常に厳しいです。

 

横浜銀行カードローンは低金利である分、審査は厳しいものになるのは当然のことかもしれませんが、それではお金の借り入れが必要な多くの人が利用することはできませんよね。

 

もし、できるだけ審査に通る可能性が高いカードローンを利用したいならば、横浜銀行カードローンよりも

 

消費者金融のカードローンの方がお勧めです。

 

消費者金融のカードローンの中で特にお勧めなのが、やはり、WEB完結申込みで審査における会社と自宅への電話連絡がなし、郵送物もなしとなるモビットです。

 

モビットのWEB完結申込みを利用すれば、会社に電話連絡がいかなくなりますから、誰にもバレる心配がなくなりますよ。

 

WEB完結申込みで会社電話連絡がなし、郵送物もなしとなるのはモビットだけです。

 

一方、横浜銀行カードローンの審査の在籍確認は、多くの銀行や消費者金融のカードローンの在籍確認と同じように原則として、顧客の会社と自宅への電話連絡によって行います。

 

自宅と会社の電話連絡の際は、横浜銀行の担当者が個人名を名乗って電話をしますので、電話が原因で会社の同僚や上司に借り入れがバレる心配はないかと思いますが、職場によっては電話の相手をしつこく追及してきたり、電話の取次ぎが上手にいかない場所もあったりするので、なるべく電話してこないで欲しいという方もいるのではないでしょうか。

 

やはり、そんな方には、モビットのWEB完結申込みを利用してキャッシングを申し込むことがお勧めです。

 

モビットのサービス内容については、当サイトの消費者金融ランキング↑で簡潔にまとめておきましたので、そちらも併せてチェックしてみてくださいね。

 

imasia_2434699_XL

横浜銀行カードローンの契約手続きは郵送物はなしでしょうか?

横浜銀行カードローンの審査の在籍確認についてはご理解頂けたかと思います。

 

たった一度の電話連絡くらいなら「会社の同僚や上司にバレる心配もないだろう」そう思った方もいらっしゃるかと思います。

 

しかし、郵送物についてはどうでしょうか。

 

結論から言えば、

 

横浜銀行カードローンはローンカードが自宅に郵送されます。

 

横浜銀行カードローンは郵送物なしではありません。郵送物が自宅に送られて不安なことは何でしょうか。それは、夫や妻や親や子供に勝手に自宅に届いた郵送物を開封されて、結果、お金の借り入れがバレてしまうことです。

 

もし、郵送物で家族バレしたくないという人は、先ほども申しあげましたが、モビットのWEB完結申込みを利用するのがお勧めです。

 

モビットのWEB完結申込みならば郵送物は届きません。

 

モビットのWEB完結申込みを利用すると、カードレスとなるので、自宅にローンカードや契約書類が届かないというメリットがあるんです。(カードが必要な人は、モビットの自動契約機で発行することもできます)

 

また、当サイトの消費者金融ランキング↑に掲載されているプロミスとアコムは、インターネット申込みをして審査に通過した後で、自動契約機でローンカードと契約書類を受け取ってしまえば、

 

郵送物なしでカードローン契約を結ぶことができます。

 

自動契約機でローンカードを受け取るという方法ならば、土日や祝日のような休日にも即日でお金を借りることができますので、休日の即日キャッシングがしたい方にもお勧めです。

 

郵送物なし、休日キャッシングがしたいという方は、モビット、プロミス、アコムを頼ってみてはいかがでしょうか。

 

モビット、プロミス、アコムならば、自分の持っている銀行口座が振込可能時間が過ぎてしまった場合でどうしても今日中にお金が借りたい場合、自動契約機でローンカードを発行すれば即日融資も可能ですよ。

 

imasia_10957952_XL

横浜銀行カードローンと消費者金融キャッシングはどちらがお得なの?

さて。

 

横浜銀行カードローンと消費者金融キャッシングはどちらがお得なのでしょうか。

 

横浜銀行カードローンのサービス内容を簡潔にまとめてみると以下のようになります。

 

横浜銀行カードローンの特徴
■借入希望額 10万円〜1000万円
■低金利
■使い道自由
■借入希望額300万円までなら収入証明書が不要
■最短ならば即日利用が可能

 

横浜銀行カードローンは一見、高スペックに見えますが、実は低金利であるために審査が厳しいという難点があるんです。

 

横浜銀行カードローンは審査が厳しい

 

ので、あまり消費者にとって間口が広いカードローンとは言えません。したがって、できるだけ確実にお金を借りたいなら、消費者金融のカードローンを利用した方が良いでしょう。

 

ちなみに、横浜銀行カードローンは最短即日利用も可能と謳われていますが、やはり、銀行カードローンですので、審査スピードが早いとは言えないんですよね。

 

その証拠に、横浜銀行カードローンの公式ホームページでも最短即日利用と記載はされているけれど、即日融資とは表現されていません。

 

即日融資ではなく即日利用というのは弱気な表現ですよね。

 

実際に、横浜銀行の担当者に問い合わせてみましたが、最短即日利用というのは顧客の属性や当日の審査状況の込み具合など、良い条件が重ならないと難しいようです。

 

したがって、本当に

 

即日でお金を借り入れしたいのならば消費者金融のカードローンの方がお勧め

 

かと思います。

 

当サイトで紹介している

 

モビット、プロミス、アコムはすべて即日融資に対応

 

していますので、すぐにお金が必要という方は、ぜひ、こちらを利用してみてくださいね。

 

横浜銀行カードローンの審査は厳しいから、審査に通る自信がないという人にも、消費者金融のカードローンの利用を検討することがお勧めです。

 

消費者金融のカードローンの審査基準は、安定的な収入を得ている人ならばアルバイトや自営業、パート主婦の方も借り入れできる可能性があります。

 

また、金利面でも、プロミスやアコムは初回限定で金利ゼロキャッシングサービスがありますので、こちらを利用することができれば最大30日間は金利ゼロでキャッシングすることが可能ですよ。

 

できるだけ金利ゼロの期間内にお金を返済してしまえば、横浜銀行カードローンよりも安くお金を借りることもできますので、短期間の借り入れならば消費者金融のカードローンもおすすめです。

 

とはいえ、当サイトのこちらのページを閲覧している方は、横浜銀行カードローンが会社と自宅への電話連絡がなしか、ありなのかを気にされていたのだと思いますので、もし、申込みの電話連絡なし、郵送物なしで借り入れがしたいのであれば

 

モビットのWEB完結申込みを利用するのが良いかと思います

 

imasia_8590519_XL